ステンドグラスルーチェの日常

stluce.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 28日

自分で20トンの池造り

金魚の小さな池ではものたりなくなり 

どうしても苦労して掘った井戸水で錦鯉を泳がせたくなりました 

そこで 錦鯉の飼える池の仕組みを近くの金魚や錦鯉で有名な長洲町の錦鯉屋さんに教わりました 

行くたびに錦鯉の月刊誌をまとめて借りてきては勉強させてもらいました 

この画像は池の底板の施工をしているところで 

池に半周沿って右側にあるのが濾過槽になります 

濾過槽は複数の区画に分かれていて

バクテリアを飼育する濾過材もいろいろ使用します 

家庭用の合併浄化槽と同じ原理です 

a0278866_23453462.jpg
 

底板にもコンクリートを流し込みます 

コンクリートミキサー車で生コンを持ってきてもらいました 

a0278866_23471364.jpg
 

排水は自宅横の水路の壁に排水パイプを通す穴をあけました 

知り合いの貫通屋さんにお願いしました 

a0278866_2349322.jpg
 

だいぶできてきたでしょう 

a0278866_2350227.jpg
 

濾過槽です 

a0278866_23514095.jpg
 

池の壁面に防水材を混ぜたコンクリートを塗りました 

仕上げの作業は素人では無理でしたので 

プロの左官屋さんにお願いし二人で二日かかって塗られました 

a0278866_23543821.jpg
 

濾過槽の中はこんなかんじです 

a0278866_23552419.jpg
 

完成しました 

直射日光があたると水が濁りますのでパーゴラを組んでよしずをし日陰にします 

a0278866_23574029.jpg
 

深さは1.5mあって水もきれいです 

a0278866_23591122.jpg
 

a0278866_23594522.jpg
 

ナナもここが好きでした 

a0278866_002559.jpg
 

錦鯉はすごくきれいでしたが 

目が肥えてくると錦鯉はなかなか高価な趣味で私には無理だなと思いきっぱりやめました 

すべてとなりの諏訪川に放流しました 

その後 解体屋さんにすっきり平地にもどしてもらいました

今は家庭菜園になっています 

a0278866_044819.jpg
 

趣味は錦鯉からステンドグラスに本格的に移動し現在に至っています 

ご覧いただきありがとうございました。ブログランキング参加中です。下のバナー「ステンドグラス」をクリックしていただけるとうれしいです
クリックしていただくとステンドグラスのブログランキング表が表示されます 多くのステンドグラスブログの中から興味のある記事を探してみてください
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ


人気ブログランキングへ
blogramランキング参加中!

by stainedglass-luce | 2012-08-28 00:15 | | Comments(0)


<< 再び子ネコの里親探しのお手伝いをする      自分で井戸掘り >>