ステンドグラスルーチェの日常

stluce.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 14日

菜園のシソの葉に似た植物

わが家の菜園に植えているシソの葉 

消毒をしないためかすごい虫食いの穴だらけ 

その一群の中にほとんど虫に食べられていない葉が 

シソの葉そっくりだが微妙に違う 

a0278866_093643.jpg
 

画像の中央部分 

ネットで調べたところエゴマというシソ科の植物かもしれない 

エゴマという植物は 

「エゴマ(荏胡麻)は一年生のシソ科植物で、東アジアで食べ物として栽培されている植物です。 

エゴマはゴマの仲間とよく間違われますが、実はシソと学名が同じ(Perilla ペリラ)植物です。 

日本ではじゅうねん(東北)、えぐさ(長野)、あぶらえ(岐阜)などと呼ばれ、

昔は全国に、今は高冷地を中心に作られている雑穀であり油脂性の植物です。 

食べ方がゴマとよく似ていますが、エゴマの成分・効能はゴマとは全く違います。 

なぜならエゴマにはアルファ・リノレン酸という健康によい油が60%以上も含まれていますが、 

ゴマにはそれがほとんどないからです 

アルファ・リノレン酸とは人間が生きていく上で欠かせない油(必須脂肪酸)の一つであり、 

生活習慣病または成人病(ガン、動脈硬化、脳こそくなど)、 

視力障害、アレルギーなどの病気にも有効なことが最近明らかになってきた脂肪酸です。 

また、アルファ・リノレン酸は体脂肪としてたまりにくいのでダイエットにも効果があると言われています。 

一日に取る油の量は50グラムが理想と言われていますが、 

その内5~10グラムはアルファ・リノレン酸の油を取ることが健康のために望ましいのです。 

ところが、現在の日本人にはアルファ・リノレン酸が不足しています。 

この不足を補ってくれるのがエゴマなのです」 

この中のじゅうねんという呼称は十年長生きできるというものらしい 

この葉の食べ方については韓国風のレシピが多く紹介されている 

もしこれがエゴマという植物で 

ネットで解説されていることが事実であれば 

少し研究してみるのも面白いかもしれない 

ご覧いただきありがとうございました。ブログランキング参加中です。下のバナー「ステンドグラス」をクリックしていただけるとうれしいです
クリックしていただくとステンドグラスのブログランキング表が表示されます 多くのブログの中から興味のある記事を探してみてください
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ


人気ブログランキングへ
blogramランキング参加中!

by stainedglass-luce | 2012-08-14 00:18 | | Comments(0)


<< ポピーの小パネル      食事当番 >>